保険を見直そう

時折、独身時代や結婚当初に契約を結んだ保険をそのまま維持し続けている人がいます。何も保険に加入していないよりはマシですが、必要がない特約が付加されていたり、逆に必要な補償額を満たしていなかったりするケースが少なくありません。望ましいのは、ライフステージに合わせて適宜保険見直しをすることです。夫婦2人だけで生活している場合に比べると、子供をもうけた後はたくさんのお金が必要になります。万が一のことがあっても家族が安心して暮らしていけるようにしたいと考えているのであれば、死亡保険金の額をアップしておく方がよいです。逆に子供が独立して夫婦2人だけの生活になっているのであれば、それほど高額の死亡保険金はいりません。ですので、人生の節目ごとに、保険見直しをするようにした方がよいでしょう。

保険見直しをする際には、契約内容の変更だけでなく、保険の解約も視野に入れて保険見直しをした方がよいです。たとえば普通の生命保険に加入している他に、損害保険会社の医療保険にも加入しているような場合であれば、医療保険を解約して生命保険に医療特約を付加するようにした方が、月々の保険料の負担を軽減できるケースがあります。保険見直しを行う際の年齢や健康状態などによっては、必ずしも有利になるとは限りません。しかし、保険を一本化することによって管理の手間が楽になるという側面もあります。ですので、不要な保険の解約についても頭の片隅に置きながら、保険見直しをすることをおすすめします。保険は家の次に大きな買い物だと言われていますので、時折保険見直しを行って、損をしない形にしておきたいものです。